MVNOの意味が全くわからない方への解説

MVNOは、携帯電話会社のようなサービスを行っている事業者です。
普通の携帯電話会社と大きく違うのは、自分の回線を持っていない事です。
例えば基地局がありません。基地局がないと、電波を携帯電話会社の交換局へ飛ばすことが出来ず、通話やデータ通信が途中で止まります。



MVNOが回線なしで事業が出来るのは、携帯電話会社から通信に関するインフラを借りているからです。


携帯電話会社の基地局や他の設備を借りて、事業を行っています。

したがってMVNOは、基地局や設備の保守運用費がかかりません。
または携帯電話会社よりかけるコストが小さいです。
MVNOは、普通の携帯電話会社なら必要な費用をカット出来る為、格安料金サービスを提供できるのです。MVNOを利用する事とは、スマートフォンで必要な通話、データ回線を利用するといった意味です。契約する場合、スマートフォンとSIMカードがセットになった商品を購入します。



もしくはSIMカードのみ購入する事になります。
費用は購入だけではなく、契約したプランに沿って毎月料金を支払います。

決済はクレジットカードがメインですが、口座振替にも対応している事業者も増えています。
申し込みはオンラインからがメインですが、近年はお店で直接申し込む事も出来ます。格安SIMといった言葉も同じようなサービスです。



SIMに格安と付いている意味は、月額料金が安いからです。ユーザーやマスメディアが作った造語のようなものです。
利用者の多くは、この料金の安さにメリットを感じ契約しています。

メインのスマートフォンとは別にサブ機が必要な際、料金を抑えて運用したいと考えるのは普通な事です。


このような時にも利用されやすいサービスです。

スマートフォンを、より自分のライフスタイルに合わせて使いたい時、便利なサービスと言えます。


top