MVNOと格安SIMの意味がわからない人へ

MVNOは、設備や店舗を構える事なく自社ブランドで通信事業を行っている会社です。


携帯電話会社といえば3社が有名ですが、この3社は独自の通信インフラを持っています。



ここが大きな違いですので覚えておきましょう。

MVNOは、この3社のどこかから回線を借りて、事業を行っています。
通信費用は設備を借りている分、有名な携帯電話会社より安めに設定されています。

格安SIMとは、MVNOが提供している低価格の通信サービスです。

通信は通話回線、インターネット回線の両方に対応しています。

SIMカードは携帯やスマートフォン用のICカードです。

四角い形をしています。

格安SIMカードに対応したスマートフォンに挿し設定すると、月額料金を抑えた形でスマートフォンを運用する事が出来ます。
MVNOと格安SIMの違いについてご理解いただけたでしょうか。



一方は事業者を指す用語であり、もう一方はサービスについての造語です。



文章にするならMVNOが、格安SIMといった低価格な通信サービスを提供しているといった使い方でOKです。

意味を理解した上で、スマートフォンの月額料金を抑えたい場合、格安SIMカードを導入するとよいでしょう。

携帯電話会社の料金は多少是正されてはいますが、それでも格安SIMの低価格サービスのほうがお得です。
メリットは、料金の安さと提供されているプランの豊富さ、手続きがスムーズな事などです。デメリットは携帯電話会社のメールアドレスを継続して使いづらい事、サポート面が少し弱いので自分で対処する必要がある事などです。

クレジットカード決済を導入している事業者が多く、カード決済が不安な人は口座振替出来る事業者に契約する事で対処出来ます。


top